お問い合わせ・お見積もり

お住まいに関するお問い合わせ・お見積もり依頼は、こちらのフォームより承っております。

お電話でのお問い合わせ

奈良でリフォームのご依頼・ご相談をされるなら、安心と信頼の
LIXILリフォームショップ ライファ奈良駅前

〒630-8122 奈良県奈良市三条本町1番86-4号(インテコビル)
TEL 0742-30-5255/FAX 0742-30-5256
フリーダイヤル:0120-046-105(定休日:水曜・日曜)

お問い合わせフォーム

ライフスタイルコンパスをお試しになられたい方も下記フォームよりご入力ください。
ライフスタイルコンパスについては、こちらをクリックしてください。
ご入力いただきました情報はプライバシーポリシーに従って取り扱わせていただきます。

必須項目は必ず入力をお願いします。
お問い合わせ種別必須
お名前必須
お名前(フリガナ)必須
住所必須 郵便番号 - 例)123-4567
電話番号必須
ファックス番号
メールアドレス必須 例)abc@●●●●
メールアドレス(確認用)必須 例)abc@●●●●
お問い合せ内容必須
希望される
当社からの連絡方法必須
ライフスタイルコンパスも試してみる

ご家族でお悩みのお客様は、ぜひ、皆様それぞれがお答え下さい。
ご家族様お一人お一人のリフォームに対する方向性が見えてきます。
分析データは1週間ほどで、弊社より送付させていただきます。

A.いつまでも新しいことに挑戦し続ける自分でありたい。
A-01必須 それぞれの生き方を尊重する。永く一緒に暮らすためにも大事な考え方だと思う。

A-02必須 どこにいてもくつろげる、リラクゼーション機能が豊かな暮らしがいいと思う。

A-03必須 これからは家族で共通の趣味を持つ。そういう暮らし方を大切にしたい。

A-04必須 暮らしの中には自然がある。自然や生き物をいつくしむ暮らしを楽しみたい。

A-05必須 好きな家具を選ぶように、自分のスタイルでキッチンを作りこみたいと思う。

A-06必須 これからは、家族で少しずつ家事を分担し合う時代だと思う。

A-07必須 人に気兼ねなく、ゆっくり休息する。静かな暮らしをしたいと思う。

A-08必須 今日の疲れを癒し、明日への活力を養う。入浴や洗面にこそ工夫が必要だ。

B.これからは、自分流に美しく暮らしたい。
B-01必須 自然の風合いをうまく生かした、ぬくもりのある家づくりがいいと思う。

B-02必須 機械に頼るよりも、自然の風と光をとことん工夫した暮らしが好き。

B-03必須 部屋の中にはなるべくモノを置かない。すっきりと片づいた生活をしようと思う。

B-04必須 自分にふさわしい良い生地を選ぶように、インテリアにもこだわってみたい。

B-05必須 シンプルなものほど美しいデザインをしているものだと思う。

B-06必須 外から見たデザインはやっぱりステイタスだと思う。自分らしい家でありたい。

B-07必須 伝統的だけど新しい。日本人らしい「和」のセンスがある暮らしが好き。

B-08必須 これからはどう使うかよりも、どう楽しめるかが大切なテーマになると思う。

C.いつも家族や仲間を実感できる。そういう生活がしたい。
C-01必須 これからは、ライフスタイルを共感し合える仲間を大切にしたいと思う。

C-02必須 訪ねてきた人にも自分の家のようなくつろぎを味わってもらいたいと思う。

C-03必須 料理する人を孤独にしないつくり。リビング、キッチンという考え方がいいと思う。

C-04必須 家族の友人が訪ねてきたら一緒に会話を楽しむ。そんなオープンな生活が好きだ。

C-05必須 手を借りたいときは「手伝って」が言いやすいつくり。台所と居間の基本だと思う。

C-06必須 いつの間にか家族が集まってきて好きなことを楽しんでいる。そういう居間がいい。

C-07必須 週末は皆が集まって、ゆっくり会話と食事を楽しむ。そういうシーンが楽しい。

C-08必須 自分のことは自分でできる、大人な家族の関係。これからは大事なことだと思う。

D.大げさなことよりも小さな配慮と機能性を重視したい。
D-01必須 捨てられない物がたくさんある。だから少しでも収納量の大きい家にしたい。

D-02必須 家族構成やライフスタイルの変化に応じて変えることのできるつくりがいい。

D-03必須 体調がすぐれない時にも安心して使える。水まわりこそ加齢配慮の考え方が必要だ。

D-04必須 デザインだけでは選ばない。まずは機能がしっかりしたつくりであることが重要だと思う。

D-05必須 エネルギーをムダにしない。そういうエコ発想が当たり前な時代だと思う。

D-06必須 限られたスペースを有効に使える、コンパクトな設計には共感できる。

D-07必須 あまり使わないところよりも、毎日よく使うところこそ工夫と配慮が必要だ。

D-08必須 永く使うからこそ手入れしやすいこと。設備選びの大切なポイントだと思う。

-閉じる-
ページの先頭へ戻る